大塚製薬からカロリーメイトの新しいCMが始まりました。

2019年春のこのCMでは、男性がMacで作業をするシーンと砂漠を歩くシーンが登場します。

特に砂漠を歩くシーンでは空中を泳ぐ魚の姿も見られ、やや幻想的な映像に仕上がっています。

それでは一体この男性は一体誰なんでしょうか?

またこのCMで流れているBGMのアーティスト名や曲名はなんでしょうか?

というわけで今回はカロリーメイトCM2019|砂漠を歩く男性は誰?BGMの曲名も!と題してお届けしていきます。

スポンサーリンク

カロリーメイトCM2019の紹介

それでは早速カロリーメイトCM2019の紹介に入ります。

お時間のある方は、動画を見てみてからコマごとの紹介を見るとわかりやすいですよ。

 

カロリーメイトCM|「考え続ける人」篇30秒

 

 

「考え続ける人にとって栄養は」

「味方になる」

「満腹感は」

「敵になる」

「KEEP THINKING」

「バランス栄養食」

「カロリーメイト」


出典:youtube(キャッチアップ画像共)


カロリーメイトCM2019|砂漠を歩く男性は誰?

今回のカロリーメイトCM2019にて砂漠を歩いたりMacで作業をしていた男性は、ミュージシャンで人気バンド「サカナクション」のボーカリスト兼ギタリストの山口一郎さんでした。

 


出典:東京FM HP

山口一郎さんのプロフィールは以下の通りです。

  • 氏名:山口一郎(やまぐちいちろう)
  • 生年月日:1980年9月8日
  • 出身地:北海道小樽市
  • 身長:168cm
  • 血液型:O型
  • 出身校:札幌第一高等学校
  • ジャンル:ロック・テクノ
  • 所属事務所:ヒップランドミュージック
  • 趣味:音楽鑑賞

北海道小樽市生まれの山口一郎さん、実家が喫茶店でした。

そこにはちょっとしたステージがあって、夜になると様々なミュージシャンが歌っていたというお店だったそうです。

お店の上が住まいだったこともあり、山口さんが寝ていると階下から音楽や笑い声などが下から聞こえてくるという環境でした。

そうしてお店で流れている音楽を聴いたり、フォーク歌手のライブの影響を受けて、家のフォークギターを弾き始める様になります。

やがて17歳の時になると、ビクターの育成枠に入りました。

2005年にサカナクションを結成してからは、これまでのほとんどの歌の作詞と作曲を担当。

そして音楽に対して常に新しい試みを行っており、現在の音楽シーンをリードする存在となっています。


出典:ウィキペディア

山口さんは親の影響で俳句や詩を好んでおり、その影響が文学性の高い歌詞に現れていると言われています。

なお今回のCMに関してのスペシャルインタビュー動画もありましたので、宜しかったら見てみて下さい。

 

カロリーメイトCM2019|BGMの曲名も!

今回のカロリーメイトCM2019のBGMは、サカナクションの「ナイロンの糸」でした。

サカナクションは男女5人で構成されるバンドで、メンバーは次の5人です。

  • 山口一郎(ボーカル・ギター)
  • 岩寺基晴(ギター)
  • 草刈愛美(ベース)
  • 岡崎英美(キーボード)
  • 江島啓一(ドラムス)。

2019年4月24日に6年ぶりのアルバム「834.194」の発売が先日発表されましたが、ナイロンの糸もこの中に収録されることになっています。

今なら先着特典がある様ですので、気になった方は宜しければどうぞ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【先着特典】834.194 (完全生産限定盤A 2CD+Blu-ray) (特典内容未定) [ サカナクション ]
価格:6372円(税込、送料無料) (2019/3/23時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【先着特典】834.194 (完全生産限定盤B 2CD+DVD) (特典内容未定) [ サカナクション ]
価格:5292円(税込、送料無料) (2019/3/23時点)

楽天で購入

 

 

なおこちらは今回の新作アルバムリリースを受けて2019年4月から開催されるツアーの予告動画です。

 

 

まとめ

と言うわけで今回はカロリーメイトCM2019|砂漠を歩く男性は誰?BGMの曲名も!と題してお届けしてきました。

今回のカロリーメイトCM2019にて砂漠を歩いたりMacで作業をしていた男性は、ミュージシャンで人気バンド「サカナクション」のボーカリスト兼ギタリストの山口一郎さんでした。

そしてBGMは、サカナクションの「ナイロンの糸」でした。


それでは最後までご覧頂き、どうもありがとうございました。