第161回(2019年上半期)直木三十五賞の発表がいよいよ目前です。

熱心な文学ファンの方に限らず、どの作品が直木賞に選ばれるのか、年に2度のこの瞬間を楽しみにしている方も多いのでは?

そこで今回は第161回直木賞発表日と時間はいつ?受賞者の記者会見の生放送も!と題して、お届けしていこうと思います。

スポンサーリンク

 

こちらもどうぞ

第161回直木賞(2019年上半期)発表日と時間はいつ?

第161回直木賞(上半期)の発表日と時間

日本文学振興会の発表では、第161回直木三十五賞の選考委員会の開催は以下の通りになっています。

名称:直木三十五賞選考委員会
日時:2019年7月17日(水) 午後4時より
場所:新喜楽

直木賞の選考委員会開催が2019年1月16日の午後4時からなので、発表は当然それより遅い時間になりますね。

前回の第161回直木賞の発表ですが、選考委員会の開催は午後5時からでした。

そしてTwitterを見てみると、まず最初に芥川龍之介賞の受賞者決定のツイートは午後6時でした。

そしてそれより遅れて午後6時22分に直木三十五賞の受賞者決定のツイートがありました。

 

というわけで前回を参考にしてみると、直木賞の受賞者の予想発表時間は午後6時から6時半頃になると思われます。

 

写真は第160回芥川賞・直木賞受賞者記者会見場の様子です。


出典:Twitter

 

第161回直木賞(2019年上半期)の候補作品

第161回直木賞の候補に挙がっているのは以下の5作品です。

第161回直木賞の候補作品

  • 朝倉かすみ「平場の月」(光文社)
  • 大島真寿美「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」(文藝春秋)
  • 窪美澄「トリニティ」(新潮社)
  • 澤田瞳子「落花」(中央公論新社)
  • 原田マハ「美しき愚かものたちのタブロー」(文藝春秋)
  • 柚木麻子「マジカルグランマ」(朝日新聞出版)

第161回直木賞の受賞者

こちらについて発表後に追記して行きます。

選考に時間がかかった2019年上半期の直木賞、受賞作品は『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』(大島真寿美/文藝春秋)でした。

午後6時40分頃の発表です。

第161回直木賞の受賞者の記者会見の生放送

第161回直木三十五賞の発表や受賞者の記者会見は、ニコニコ生放送で生中継が決まっています。

この番組については以下の通りです。

名称:第161回芥川賞・直木賞発表&受賞者記者会見
日時:2019年7月17日午後4時から
出演者:
井上トシユキ(司会・ジャーナリスト)
栗原祐一郎(評論家)
ペリー荻野(コラムニスト)

この番組では恒例のメンバーが作品解説や実況を現地から伝えてくれます。

受賞者・受賞作品が発表されるまでに、直木賞に関する様々な豆知識が得られますよ。

 

まとめ

というわけで今回は第161回直木賞発表日と時間はいつ?受賞者の記者会見の生放送も!と題して、お届けしてきました。

第161回直木賞の発表日は2019年7月17日(水)で、発表時間は午後6時から6時半の間と予想しました。

そして当日はニコニコ生放送において、受賞作品・受賞者発表の瞬間や受賞者の記者会見も生放送されます。

一体誰の手にこの賞が届くのか本当に楽しみですね。

それでは最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。