佐賀を代表する国際イベントと言ったら佐賀バルーンフェスタ2018(2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ)ですね

このアジア最大級のバルーンフェスタ、今年はなんと17カ国111機の参加見込!

秋晴れの空に大空に色とりどりの気球が浮かんでいる姿は、まるでどこか外国にでも訪れたかの様です。

当然インスタ映えする写真も撮り放題!!

そんなわけで今回は佐賀バルーンフェスタ2018の見所や混雑状況は?駐車場も!と題してお届けしていきます。

スポンサーリンク

佐賀バルーンフェスタ2018の概要

名称 2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ
開催期間 2018年10月30日(火)〜11月5日(月)
開催場所 佐賀県佐賀市嘉瀬町荻野 嘉瀬川河川敷
昨年の来場者数 85万人

佐賀バルーンフェスタ2018は1980年から開催されている歴史ある大会で、昨年の来場者数はなんと85万人!

この数日間の大会の為に、JR長崎本線には「バルーン佐賀駅」という臨時の駅が存在します。

この駅は降りたところが会場なのでとっても便利!

すぐ近くの「バルーン情報センター」で、当日パンフレットを入手しておくといいですよ。

佐賀バルーンフェスタ2018の見所

佐賀バルーンフェスタ2018の見所と言えば、競技開始前にバルーンが一斉に並び立つシーン!

朝焼けの中でのバルーンの数々、これは壮観です。

この並んだバルーンをきれいに撮影するのなら、会場から川の向こう岸に移動しておきましょう!

こちらの動画を見てみると、まるで次々とバルーンが地面から生まれてくる様です!笑

朝7時に競技開始するので、ぜひ当日は早起きして現地に駆けつけたいところです。

間近で見上げるバルーンは迫力満点!

なお競技ですが、その当日の風の状況によって気球が会場から飛んで行く場合(一斉離陸)と、会場の外から会場を目指して飛んで来る(フライイン)があります。

どちらを見られるかは当日のお楽しみ・・・。

ここでバルーン競技の仕組みをざっくりと説明しますね。

バルーンに乗ったパイロットは地面に設けられた「ターゲット」をめがけて「マーカー」と呼ばれる砂袋を投下し、これがターゲットの中心に近ければ近いほど高得点となります。

ターゲットが会場の外に設定されれば「一斉離陸」として会場から一斉に飛び立って行くシーンが楽しめます。

ターゲットが会場の中に設定されれば、「フライイン」と言って会場の外から次々に会場めがけて飛んで来るシーンが楽しめます。

フライインの場合は見ている人のすぐ近くまで低い位置で飛んで来るので、迫力がありますよ!!

 

佐賀バルーンフェスタ2018の続いての見所と言えば、「バルーンファンタジア」!

様々な動物やキャラクター等が巨大バルーンになって登場します。

間近で見上げるバルーンは迫力満点!!!

あたかも自分が小人になったかの様な気分を味わえます。

この「バルーンファンタジア」は10月31日(水)〜11月4日(日)の9時頃〜10時半頃にありますよ。

ただし気象条件などにより時間等の変更がありますので要注意です!

「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」もインスタ映えするイベントとして欠かせない見所です!

これは暗闇の中に並べられたバルーンがバーナーの炎でライトアップされるというもの。

バルーン自体はかなり大きなサイズの為、これらが並んで明るく輝く様子はかなりのインパクトがあります。

この「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」は11月3日(祝・土)・4日(日)の夜にありますよ〜!

佐賀バルーンフェスタ2018の混雑状況と駐車場は?

さて、この佐賀バルーンフェスタ2018の期間中の混雑状況ですが、会場周辺道路に関しては例年かなりの混雑となっています。

また駐車場に関しても主催者側で平日約4,800台以上(土日祝休日は約7,000台以上)のスペースを確保していますが、公共の交通機関の利用がオススメです。

どうしても車でという事であれば、佐賀駅周辺に駐車して佐賀駅からバルーン佐賀駅にJRで移動するのが良さそうですよ。


出典:公式HP

まとめ

今回は佐賀バルーンフェスタ2018の見所や混雑状況は?駐車場も!と題してお届けしてきました。

気球自体普段なかなか見る機会がありませんが、それがなんと100機以上も集まるというこのイベント、とっても楽しみですね。

早朝の気球が並んだシーンに、次々と飛び立って行くシーン、ライトアップされたシーンなど、ツイッターやインスタに思わず載せたくなる様な写真映えするシーンが、この大会には無数にあります。

ぜひとも思い出に残る一枚を撮りに、佐賀にお出かけ下さい。

それでは最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。