寒さが少しずつ本格化するにつれ、街にも徐々にクリスマスの装いがやってきます。

そんな中、もうすっかりこの時期に欠かせないイベントが大阪にはあります。

それがドイツ・クリスマスマーケット大阪2018!

梅田スカイビルを会場に行われているこのクリスマスマーケットでは、本場ドイツの雰囲気をたっぷり味わえると大評判!

毎年大勢の人で賑わいます。

そこで今回はクリスマスマーケット大坂2018の見所やフードメニューは?混雑も!と題してお届けしていきます。

スポンサーリンク

クリスマスマーケット大坂2018の基本情報と見所は?

それではまずクリスマスマーケット大坂2018の基本情報から見てきましょう!

名称 ドイツ・クリスマスマーケット大坂2018
期間 11月16日(金)~12月25日(火)
時間 月~木 12:00~21:00 金 12:00~22:00
土・日・祝 11:00~22:00
会場 新梅田シティ・ワンダースクエア(梅田スカイビル1階広場)
アクセス JR大阪駅から徒歩7分
阪急・大阪メトロ梅田駅から徒歩9分
阪神梅田駅から徒歩13分

ここのクリスマスマーケットの特徴は、本場ドイツのクリスマスの雰囲気が味わえること。

というのも、主催は梅田スカイビルに入居しているドイツ総領事館なんです。

会場の中央には大きなクリスマスツリーがあり、その周囲に建ち並んでいる木製の小屋ヒュッテはドイツから運ばれてきたとか。

そんなヒュッテではドイツの工芸品や味覚を楽しむことが可能です。

そして会場の一角には同じくドイツからやって来た木製のメリーゴーランドもあり、

何もかもキラキラしていてとても楽しい雰囲気に満ち溢れています。

クリスマスマーケット大坂2018の見所は?

見所その1
クリスマスツリー

このクリスマスマーケット大阪2018では、会場の中心に大きなクリスマスツリーがあります。

この高さ27mの巨大なツリーには中を通り抜けられるトンネルがあり、内部からもイルミネーションを楽しむことが可能です。

また幸運のシンボルとして宿り木が飾られています。

ヨーロッパでは、この木の下でならキスをしても良いとか、キスをすると良いことが起きると言われています。

カップルの方や、カップルにまだなりきれてない状態という方、チャンスかもしれませんよ。。。

見所その2
ヒュッテ(小屋)

会場に20以上あるヒュッテはドイツにて実際に使用されるものを運んで来たもの。

様々な装飾やイルミネーションもドイツ人ディレクターによってきっちりと監修されているので、ドイツ以上にドイツらしい仕上がりになっているかも。

温かみのある色合いで光り輝いており、見ているだけでも幸せな気分に浸れそうです。

見所その3
木製のアンティーク・メリーゴーランド!

毎年このクリスマスマーケットのシンボル的存在としてやってくるメリーゴーランド。

木製のアンティークものはヨーロッパにわずか4台しかなく、その中でも2番目に古いものです。

その歴史はなんと120年!

この貴重なメリーゴーランドで楽しい思い出をぜひ作って下さい。

クリスマスマーケット大坂2018のフードメニューは?

海外に行ったら楽しみは何と言ってもその土地での食べ物ですよね。

このドイツ・クリスマスマーケット大坂2018でも、本場ドイツの味が楽しめる食べ物や飲み物が盛り沢山なんです。

その中でもドイツと言えばビールやソーセージですよね!

このクリスマスマーケットの1番人気のメニューは焼きソーセージ!

赤(スモーク)と白(ハーブ入り)の2種類があります。

ソーセージを頬張りながら、ビールを飲んだら美味しそうですね。。。

 

そして寒いからというのもあるのか、グリューワイン(ホットワイン)も評判がいい様です。

クリスマスマーケット大坂2018の混雑は?

会場が梅田駅から近いスカイビルということもあって、平日でもかなりの人出があります。

しかしそれに輪をかけて混むのが、期間中の週末及び祝日です。

なおツリーなどのライトアップは17:00となっているので、この時間帯を狙ってくる人も多いです。

そしてクリスマスを含む最後の一週間(12月19日~12月25日は非常に混むので要注意です!

また会場へのアクセスについてですが、阪急の中津駅を利用すると混雑なくスムーズに到着するとの情報もありましたので、参考にしてみて下さい。

クリスマスマーケット大坂2018の口コミは?

 

まとめ

というわけで今回はクリスマスマーケット大坂2018の見所やフードメニューは?混雑も!と題してお届けしていきました。

梅田の繁華街のすぐ近くにありながら本格的なドイツのクリスマスマーケットの雰囲気が味わえることもあって、とても人気のあるイベントです。

どうぞ行かれる方はいいお時間をお過ごしください。

それでは最後までご覧頂き、どうもありがとうございました。