徐々に朝夕の冷え込みが厳しくなってくる11月に開催されるのは長野えびす講煙火大会2018!

今年でなんと113回目という長い歴史を誇る花火大会です!

この時期の花火大会は珍しい上に、打ち上がる花火も1万2000発以上の規模。

そして規模だけでなくその歴史的背景から質の高い花火が見られることでも知られています。

これはもう人が大勢集まってくるのも不思議はありません。

昨年の人出はなんと40万人でした!!!

そこで今回は長野えびす講煙火大会2018の交通規制・駐車場は?混雑・評判も!と題してお届けしていきます。

スポンサーリンク

長野えびす講煙火大会2018の概要

それでは長野えびす講煙火大会2018の概要をご覧下さい。

日時 2018年11月23日(金) 18:00〜20:00
場所 長野県長野市
長野大橋西側・犀川第2緑地
アクセス JR長野駅から徒歩20分
JR長野駅から有料シャトルバスで10分
昨年の人出 40万人

長野えびす講煙火大会2018の打ち上げ場所は地図中の赤い地点です。

この花火大会では、音楽と花火のコラボレーション「ミュージックスターマイン」「八号玉100連発特大ワイドスターマイン」が見所となっています。

美しい上に迫力を感じる、そんな花火の連続です。

長野えびす講煙火大会2018のアクセスや交通規制・駐車場は?


長野えびす講煙火大会2018では、会場へのアクセスが非常に良く整備されています。

徒歩でも20分ほどの長野駅からはシャトルバスや路線バスが、そして3箇所に設けられた臨時駐車場からもシャトルバスが運行されることになっています。


出典:公式HP

長野えびす講煙火大会2018の交通規制についてですが、基本的に犀川の北側が16時〜21時、犀川の南側が17時30分〜20時30分の時間帯交通規制が行われ、車両の通行が禁止となります。(下記の図を参照下さい)

 

なお駐車場は会場から少し離れたところに準備があります。

真島臨時駐車場、長野地方卸売市場、エムウェーブの3箇所約1500台です。

これらの臨時駐車場からはパーク&バスライドとして有料のシャトルバスが出ています。

15時頃運行を開始し、打上が終了した後、1時間程度後まで運行する予定となっています。

平常時ではそれぞれの場所から10分程度の様ですが、当日は道路が混雑しますのでゆとりを持ってお出かけ下さい!


出典:公式HP

長野えびす講煙火大会2018の混雑状況は?


この長野えびす講煙火大会2018の混雑状況についてですが、非常に混雑します

というのも会場の犀川自体はある程度川幅のある大きな河川なのですが、何しろ40万人という人出です。

首都圏などの大規模な花火大会とまではいかなくても、当日は遠くからも多くの人が訪れます。

そして何よりもこの時期に行われるということで混雑が予想されるのがトイレです。

(特に女性トイレの混雑がひどいとの過去情報がありました)

この長野の11月の気温は東京の1月に相当する寒さ。

その寒さの中で2時間近く(移動の時間を含めるともっと?)もの時間を外で過ごしていると、手足を中心にかなり体が冷えてきます。

そうなるとどうしてもトイレに行きたくなってしまいますよね。

なるべく水分を控える、とにかく暖かい服装を心がける、といった事が必要かもしれません!

長野えびす講煙火大会の評判・口コミは?


というわけで、昨年この長野えびす講煙火大会を見にいった方の評判・口コミをツイッターから拾ってみました。

という事で、多く見られた口コミ情報としてはこの長野えびす講煙火大会の花火が「とても綺麗・美しい・感動した」というものと「寒い」(笑)というものでした。

この花火大会は今年で113回目。

かつては煙火師を厳選して未熟な者を参加させなかったという歴史もあるんです。

そんな事から長野えびす講煙火大会へ参加は“出世煙火”と言われていたとの話も!!

それだけに今でも質の高い花火が見られる大会として知られています。

因みに2016年の日経新聞の特集ではなんと冬の花火のランキングで全国1位に選ばれていますよ。

そんな長野えびす講煙火大会、寒さ対策は万全にして楽しんで下さいね。

 

まとめ

今回は長野えびす講煙火大会2018の交通規制・駐車場は?混雑・評判も!と題してお届けしてきました。

寒くなって来てからの花火大会の特徴としては、澄んだ空気による花火の発色の良さが挙げられます。

それだけにこの長野えびす講煙火大会2018も写真を撮影するのにオススメです!

是非とも現地でいい時間をお過ごし下さい。

それでは最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。