箱根駅伝の最強集団・青山学院大学の主力を担う選手の一人、それが林奎介選手です。

林奎介選手は前回大会の箱根駅伝2018においても復路7区で堂々の区間賞を獲得。

それまでの区間記録を16秒も更新する区間新を出し、大会MVPに輝きました!

しかもそれまでの区間記録がマラソンの前日本記録保持者の設楽悠太さんだったことを思うと、その凄さを実感します。

それではこの林奎介選手、一体どの様な方なのでしょうか?

そこで今回は林奎介の経歴やプロフィールは?卒業後の進路や出身中学高校も!と題して、林奎介選手の経歴・プロフィールや卒業後の進路である就職先、出身中学・高校の情報についてもお届けしていきます。

スポンサーリンク

林奎介のプロフィールや経歴


出典:twitter(アイキャッチ画像共に)


上記の写真の通り爽やかな好青年といった感じの林奎介選手ですが、チーム内ではムードメーカーでもある様です。

このギャップがたまりませんね!

名前:林奎介(はやしけいすけ)

  • 生年月日:1996年12月24日
  • 年齢:22歳(2019年1月現在)
  • 身長:175cm
  • 体重:59kg
  • 血液型:O型
  • 出身地:千葉県柏市
  • 出身中学校:豊四季中学校
  • 出身高校:日体大柏高校
  • 大学:青山学院大学
  • 学部:理工学部

箱根駅伝の過去戦績

2018年/7区区間賞(区間新・MVP)

 

【自己ベスト】

  • 5000m:13分57秒41
  • 10000m:28分40秒11
  • ハーフマラソン:1時間3分28秒

2018年における林奎介選手の駅伝の戦績は以下の通りです。

箱根駅伝2018  7区区間賞(区間新・MVP)

 


全日本大学駅伝2018  4区2位

 

林奎介の出身中学高校

林奎介選手の出身は千葉県柏市で、出身中学は柏市立豊四季中学校です。

実は林選手は陸上部でなくバスケットボール部に所属していました。

ところが引退後に長距離を練習して柏市内の駅伝大会に出場したことで柏日体高校(現:日体大柏高校)の目に止まり、スカウトを受蹴ます。

柏日体高校に進学してからは、陸上部に。

高校一年生時に全国高校駅伝に出場しますが、林奎介選手自身は5区で区間28位に留まります。(チームも38位)

その後は特に目立った活躍はなかった様です。

そんな林奎介選手、青山学院大学入学当時は5000メートルではチーム内でビリに近い状態。

選手ではなくマネージャーへの転身を勧められるほどだったと言います。

しかし徐々に長距離へ軸足を移し、その結果が2018年の箱根駅伝での大会MVPとなりました。

芽がでるまでは非常に苦しい思いの連続だったと思いますが、その時の頑張りが今に繋がっていることを知ると、余計に応援したくなりますね!

林奎介の卒業後の進路

箱根駅伝2018において区間新記録を樹立して大会MVPに輝いた林奎介選手、今回の箱根駅伝2019で活躍してくれることは間違いないと思います。

そんな林奎介選手の今後の進路はどの様になっているのか調べて見ました。

すると・・・GMOアスリーツとなっていました。

ここは青学の原監督がアドバイザーになっているチームで、青山学院大学OBの一色選手や下田選手などが所属しています。

林奎介選手と同学年で青山学院大学のエース・森田歩希選手も一緒ですので、心強いですよね!

因みに青山学院大学の同学年のメンバーがどこに行くのかも調べてみると以下のことがわかりました。

梶谷瑠哉(SUBARU)
山田滉介(豊田紡織)
小野田勇次(愛知製鋼)

まとめ

と言うわけで今回は林奎介の経歴やプロフィールは?卒業後の進路や出身中学高校も!と題して、林奎介選手の経歴・プロフィールや卒業後の進路である就職先、出身中学・高校の情報についてもお届けしてきました。

箱根駅伝2019では昨年に続いて7区へのエントリーとなっている林奎介選手、どの様な走りが見られるのかとっても楽しみです。

それでは最後までご覧頂き、どうもありがとうございました。