北九州市の夏の風物詩と言えば、くきのうみ花火大会(くきのうみ花火の祭典)ですね。

若戸大橋にかかるナイアガラを見ると本格的な夏を感じるという方も多いのでは?

多くの方が楽しみにしているくきのうみ花火大会(くきのうみ花火の祭典)2019ですが、今年は台風5号が接近しつつあり、開催が非常に微妙です。

というわけで今回はくきのうみ花火大会2019は中止?延期?台風5号の進路と影響は?と題してお届けしていきます。

スポンサーリンク

こちらもどうぞ

台風5号の進路と影響

それでは早速台風5号(ダナス)の進路を見てみましょう。


出典:ウェザーニュース

これによると台風5号(ダナス)は、20日(土)の午後に朝鮮半島を通過します。

福岡県への最接近も同様の時間帯です。

これだけを見ると今回の台風5号による上陸はないので安心かと思いますよね。

ところが、

この台風5号から梅雨前線に向かって非常に暖かく湿った空気が流れ込むことで、西日本を中心に災害級の大雨をもたらす恐れがあります。

引用:ウェザーニュース

と言うのです。

果たしてどうなるのか、天気予報のチェックが書かせませんね。

7月19日(金)20時現在の北九州市若松区の3時間毎のピンポイント天気予報です。


出典:weathernews

これによると明日の午後は夜にかけて雨模様。

降水量は少ないものの、コメント欄には気になるコメントがありました。

明日も雨が降り、強風で横殴りになることがあります。昼過ぎ以降は激しい雨や落雷、突風の恐れあり。

なんとか天気がもってくれるといいですね。。。

 

くきのうみ花火大会2019の概要


出典:ウォーカープラス(アイキャッチ画像共に)

船の航行を止めて湾の中央の台船から打ち上げるくきの海花火大会は、空だけでなく水面に映る姿も楽しめます。

そして中でも若戸大橋にかかる全長260mのナイアガラは圧巻!

是非とも見ておきたい美しさです。

くきのうみ花火大会2019(くきのうみ花火の祭典2019)の概要は以下の通りです。

  • 開催日時:2019年7月20日(土)20:00〜20:40
  • 打ち上げ数:4000発
  • 開催地:洞海湾・若戸大橋周辺
  • アクセス:JR若松駅から徒歩3分、JR戸畑駅から徒歩5分
  • 荒天の場合:中止
  • 前年の人出:34万人

くきのうみ花火大会2019は中止?延期?

くきのうみ花火大会2019ですが、荒天時は中止に、そして小雨は決行となっています。

つまり延期はありません。

開催時間が近づいても判断がつかない時には、こちらの番号で開催情報を確認して下さい。

・テレホンサービス(札幌までの通話料が必要です)
電話:0180-991085(一部携帯電話からは接続できません)
・北九州市コールセンター
電話:093-671-8181

引用:北九州市HP

追記します。

7月20日(土)19時55分の時点でテレホンサービスに確認をしたところ、くきのうみ花火大会2019は現在のところ開催に向けて準備を進めているとのことでした。ただし、今後の天候によっては中止の可能性もありますので、引き続き注意が必要です。

くきのうみ花火大会2019に対する声・口コミ

雨が降っている中だったので、開催されたことに驚きの声が多く見られました。

7月20日(土)18時15分の時点でテレホンサービスに確認をしたところ、くきのうみ花火大会2019は現在のところ開催に向けて準備を進めているとのことでした。

7月20日(土)12時15分の時点でテレホンサービスに確認をしたところ、くきのうみ花火大会2019は現在のところ開催に向けて準備を進めているとのことでした。

 

 

 

まとめ

というわけで今回はくきのうみ花火大会2019は中止?延期?台風5号の進路と影響は?と題してお届けしてきました。

現在の予想進路通りに台風5号が進んでくると、福岡県への上陸はありません。

ただし西日本を中心に災害級の大雨をもたらすとの予報が出ていることから、油断はできません。

なんとか無事に台風が通り過ぎ、美しい花火が見れるといいですね。

それでは最後までご覧頂き、どうもありがとうございました。