山形県・大石田町の夏の風物詩と言えばお盆に開催される最上川花火大会(大石田まつり最上川花火大会)。

大石田まつりのメインイベントとして、毎年8月16日に開催されています。

そんな最上川花火大会では12万人もの観客が集まり、東北有数の規模を誇ります。

というのも全国的にも珍しい二尺玉の10連発があるんです。

多くの方が楽しみにしている最上川花火大会(大石田まつり最上川花火大会)2019ですが、今年は超大型の台風10号が接近しつつあり、開催が非常に微妙です。

 

というわけで今回は最上川花火大会2019は中止?延期?台風10号の進路と影響は?と題してお届けしていきます。

スポンサーリンク

こちらもどうぞ

 

台風10号の進路と影響

それでは早速台風10号(クローサ)の進路を見てみましょう。

これによると台風10号(クローサ)は、15日(木)に西日本への接近・上陸と見られています。

そして肝心の山形県への接近時間帯ですが、図をみると15日(木)夕方から16日(金)夜にかけてが近いですね。

これはまさに花火大会の準備時間や開催時間と重なります。

台風は進路の東側で風が強く吹きますので、風の影響が心配です。

 

果たしてどうなるのか、天気予報のチェックが欠かせませんね。

出典:気象庁HP

これによると16日金曜日は曇り一時雨の予報となっています。


出典:気象庁HP

ただし東北地方の週間天気予報の欄では気になるコメントがありました。

16日頃は、台風第10号の進路等によっては、日本海側で大荒れや大しけとなるおそれがあります。

台風10号が超大型という勢力なだけに、果たしてどこまで風の影響を受けるのか心配ですね。

 

最上川花火大会2019は中止?延期?

こちらについては最新情報がわかり次第追記していきたいと思います。

最上川花火大会2019の荒天時の対応ですが、小雨は決行、荒天時は8月17日(土)・18日(日)・19日(月)に延期となっています。

 

台風が近づいてくると思わぬ強風が吹いてくることもあります。

16日の開催が中止になるか延期になるかは直前になってみないと判断がつかないかもしれませんね。

その場合にはこちらの番号で開催情報を確認して下さい。

・大石田まつり委員会事務局(大石田町産業振興課内)
電話:0237-35-2111

 

最上川花火大会2019の概要


出典:ウォーカープラス(アイキャッチ画像共に)

最上川花火大会2019の特徴の一つが、花火と灯篭の光の競演です。

花火の打ち上げ開始に併せて灯籠流しが行われる為、水面をゆっくりと流れていく無数の灯篭の上で花火が次々と打ち上がっていきます。

またラストの見どころは「20号玉(二尺玉)10連発」です。

開いたときの直径が450mにも及ぶ壮大な花火が連続して打ち上がる様は圧巻です!

 

最上川花火大会2019(大石田まつり最上川花火大会2019)の概要は以下の通りです。

  • 開催日時:2019年8月16日(金)19:00〜20:45
  • 打ち上げ数:3000発
  • 開催地:最上川河川敷 大橋下流域
  • アクセス:JR大石田駅から徒歩15分、東北中央道東根ICから国道13号経由で車で20分、山形道山形北ICから国道13号経由で車で50分
  • 荒天の場合:小雨決行、荒天時は8月17日(土)・18日(日)・19日(月)に延期
  • 前年の人出:12万人

 

最上川花火大会に対する声・口コミ

昨年の最上川花火大会の様子を載せてみました。

 

安室奈美恵さんが引退の年だっただけに、ファンの方にはたまらなかったでしょうね。

やはり、王道の美しさ。

そしてお腹に響く音がいいんですよね。

地元にこのような花火大会があるっていいですよね。

 

まとめ

というわけで今回は最上川花火大会2019は中止?延期?台風10号の進路と影響は?と題してお届けしてきました。

現在の台風10号の予想進路では西日本の通過後には日本海を進むとされています。

直接山形県を通過することはなさそうですが、台風10号は超大型の為、離れていても風の影響が心配されます。

無事に何事もなく、美しい花火が見れるといいですね。

それでは最後までご覧頂き、どうもありがとうございました。