今年で113回目という長い歴史を誇る長野えびす講煙火大会2018!

打ち上がる花火も多く、質の高い花火が鑑賞できることから冬の代表的な花火としても知られています。

そんなことから寒さがかなり厳しくなってくる11月下旬の長野にあっても、毎年大勢の人が訪れます。

ところが、今年の長野えびす講煙火大会2018、開催日に雨や雪という予報が!

どうやらかなりの寒気が日本上空に来るようです。

そこで今回は長野えびす講煙火大会2018は雨天・雪で中止?延期?有料席の払い戻しも!と題してお届けして行きます。

スポンサーリンク

長野えびす講煙火大会2018の当日の天気予報

長野えびす講煙火大会2018の開催日は連休初日の23日(金)ですが・・・。

というわけで、かなり日本列島全体が冷え込みそうです。

続いて長野市の週間天気予報も見てみましょう!

ウェザーニュースでは曇り時々雨の予報でした。最低気温0度。

ヤフー天気ではくもり一時雪で、最低気温がマイナス1度でした。

 

長野えびす講煙火大会2018の概要

続いて長野えびす講煙火大会2018の概要をご覧下さい。

日時 2018年11月23日(金) 18:00〜20:00
場所 長野県長野市
長野大橋西側・犀川第2緑地
アクセス JR長野駅から徒歩20分
JR長野駅から有料シャトルバスで10分
昨年の人出 40万人

長野えびす講煙火大会2018の打ち上げ場所は地図中の赤い地点です。

この花火大会では、音楽と花火のコラボレーション「ミュージックスターマイン」「八号玉100連発特大ワイドスターマイン」が見所となっています。

美しい上に迫力を感じる、そんな花火の連続です。

長野えびす講煙火大会2018は雨天・雪で中止?延期?

というわけで雨天・雪になった場合の対応についてですが、公式HPではこの様なコメントがありました。

雨天決行です。台風や災害等がない限りは行います。

雪についての言及がなかったのですが、どうやら2年前が雪だった様です。

この時の様子が伺えるのが次の写真ですが、この時期にしてはかなり雪が積もっていますよね。

打ち上げの時は相当寒かった様で、綺麗だけど寒いというコメントが多く見つかりました。

と、お伝えしてきた通り、通常の雨(や雪)では決行となっています。

どうぞ行かれる方は防寒対策を万全にしてお出かけしてみて下さい。

 

長野えびす講煙火大会2018の有料席の払い戻しは?

こちらについては公式HPにて明確な回答がありましたので、引用します。

雨天決行です。台風や災害などがない限り行います。有料観覧席での傘の使用は、ご遠慮いただいていますので、雨具(カッパやレインコート)をご用意ください。また、中止になった場合も、返金はできませんので予めご了承ください。

まとめ

今回は長野えびす講煙火大会2018は雨天・雪で中止?延期?有料席の払い戻しも!と題してお届けしてきました。

非常な寒さと雨(もしくは雪)が予想される今年の長野えびす講煙火大会2018、よほどのことがない限りは決行の見込みです。

また中止になったとしても有料席の払い戻しはない様です。

繰り返しになりますが、美しい反面大変な寒さとなりますので、くれぐれも暖かい服装を心がけて下さい!

それではどうぞ現地でいい時間をお過ごし下さい。

最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。