新元号が令和に決定しましたね。

これまで親しんできた平成は2019年4月30日で終わりを迎えます。

そして2019年5月1日からは、これまでの平成に代わって今後は令和を使用していく事になります。

ところでこの新元号の決め方は出来レースでは!?という見方があります。

 

そこで今回は令和は出来レース!?その理由と新元号の決定方法とは!と題してお届けしていこうと思います。

スポンサーリンク

令和は出来レース!?その理由と新元号の決定方法とは?


出典:TBS NEWS

全ての日本国民にとって元号は、日常生活に欠かせない大きな影響力を持っています。

それだけ大事で重大なものであることから、

「新元号の決め方についてはしっかりとした手順と手続きに従って決まっていく」

それが新元号の選考・決定に関して多くの人が漠然と持つイメージではないでしょうか。

調べたところ、元号の選定は次の様な手順である事が判明しました。

政府は「元号選定手続」で、以下のようにその手順を定めている。

①総理大臣は、高い識見を有する者を選び、次の元号にふさわしい候補名の考案を委嘱する。

②委嘱する考案者の数は若干名とする。

③総理大臣は、各考案者に対し、おおよそ2ないし5の候補名の提出を求める。

④考案者は、候補名の提出にあたり、各候補名の意味、典拠(出典)などの説明を付する。

こうして「若干名」の考案者たちから提出された候補名は、官房長官が検討・整理した上で総理大臣に報告し、「原案」としてさらに数個に絞り込まれる。

引用:NHK

 

簡単に書き換えると、

総理大臣が数名の有識者を選び、新元号の考案を依頼。

依頼された有識者は複数の候補名を考えて提出。

提出する際には意味やその出所の説明をつける。

その後に官房長官が検討・整理して総理大臣に報告。

そして最終原案としてさらなる絞り込み。

しかしこれでは具体的なスケジュールが分かりません。

そこで調査を進めていくと、スケジュールについて次の様な事が分かりました。

3月24日、菅官房長官が記者団に明らかにしたのは、「3月14日に新元号の考案を複数の有識者に正式に委嘱した」という事

 

しかし正式発表(2019年4月1日)の半月前の依頼って、どう考えても無理がありますよね。

それから有識者が一生懸命考えて案を出すとしても、それだけで半月以上はかかるのでは?

しかも提出された候補名を官房長官が検討して絞り込み、総理大臣に報告となっています。

そしてさらにそれを数個に絞り込んで、そして最終決定なんて。。。

 


出典:PRIME NEWS

国民全体に影響力を持つ重大な決定である新元号の決定

それが正式発表の半月前に複数の有識者に依頼したところで本当に間に合うとは思えません。

普通はとてもそんなギリギリのスケジュールを設定できないですよね。

ではなぜそんなスケジュールを設定したのか?

実は既にもう新元号が内々には決定していたと考えれば納得です。

それでは一体なんの為にそんな事をしたのでしょうか???

それには内閣官房の吉岡内閣参事官の答弁が大きなヒントを含んでいます。(2019年3月13日の参議院予算委員会)

「新たな元号の選定手続きにおきましては、元号に関し高い識見を有する者に候補名の考案を委嘱することとなります。その考案者は、国文学、漢文学、日本史学、または東洋史学等についての学識を有する方の中から委嘱することになると考えております」

前回の平成の際には、中国の歴史や文学・文化等について高い見識を有する事が必須となっていました。

ところが、今回はそこに「国文学」や「日本史学」という言葉が登場しています。

安倍総理の強力な支持基盤である保守層には、まさに打って付け!

ここでちょっと元号決定当日の流れを見てみましょう。


出典:Yahoo! ニュース

 

新元号を考案する候補者を選ぶのが総理大臣であり、最終的に原案を選ぶのもどうやら総理大臣。(もちろん有識者による会議などはありますが)

そしてそのプロセスや考案者、候補名が公表されないとあれば、都合の良い名称を予め準備しておいても、誰も疑問に思うことはありません。

そんな事が、この令和の決定方法が出来レースと思われる理由です。


追記します。

やはり今回の新元号「令和」は、漢籍(中国の文書)ではなく日本の文書が選ばれました。

万葉集三十二集序文が典拠とされているようです。


出典:NHK NEWS WEB

安倍総理の記者会見において「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味を込めたという説明がありました。

様々な人の意見に基づいて決定された様な形をとっているのですが、どうなんでしょうか。

これについてはまた今後もわかり次第追記していきたいと思います。

まとめ

というわけで今回は令和は出来レース!?その理由と新元号の決定方法とは!と題してお届けしてきました。

現在のところ、令和の選考・決定が出来レースだったと具体的に証明できるものは何もありませんが、これについてはやがて徐々に明らかになっていくのではないでしょうか。

どの様な事実が隠れているのか、楽しみに待っていたいと思います。

それでは最後までご覧頂き、どうもありがとうございました。