ついに米津玄師さんの紅白2018出場が発表されましたね!

youtubuの驚異的な再生回数といい、話題性といい、今年のアーティストの中で出場が最も注目されていた一人でした。

米津玄師さんは紅白には出ないのでは?

紅白に出場する米津玄師さんを見たいけど無理なのでは?

そう思っていた方が大半だったのではないでしょうか?

今回の紅白2018の直前の発表では、米津さんは紅白の会場からではなく中継での出演ということが分かりました。

テレビに登場するのが極めて珍しい米津玄師さん、今回のロケ地(中継地)は一体どこになるんでしょうか?

そして、

この貴重な機会を絶対に見逃したくない!

米津さんだけは見ておきたい!

そう考える方も多いですよね。

それでは米津玄師さんが実際に登場する出演時間、いつ頃になるんでしょうか?

今回はこの極めて貴重な米津玄師さんの紅白出場に関し、米津玄師紅白2018のロケ地はどこ?出演時間予想と出場理由も!と題してお届けしてきます。

スポンサーリンク

米津玄師紅白2018のロケ地はどこ?出演時間予想と出場理由も!

米津玄師のプロフィール


出典:朝日新聞デジタル

米津玄師(よねづ けんし)
生年月日:1991年3月10日
出身地:徳島県
学歴:徳島商業高校
身長:188cm
血液型:O型
職業:ミュージシャン、シンガーソングライター、イラストレーター、映像作家
所属:ソニー・ミュージックレコーズ

もともと漫画やイラストに興味があったという米津玄師さん、徳島商業高校卒業後に大阪の美術専門学校に通いながらバンド活動を始めます。

当初は「ハチ」名義にてネットを中心に活動を行っていましたが、2012年からは本名の「米津玄師」名義にて活動を開始しました。

今回紅白2018で披露するLemonはTBS系のドラマ「アンナチュラル」の主題歌。

そのミュージックビデオの再生回数は2億4000万回を超える(2018年12月)を超えるなど、ネットを中心に大きな反響を呼びました。

この曲は「ビルボードジャパン」の2018年の総合チャートで堂々の1位に輝いています。

米津玄師紅白2018の出場理由

テレビに出ないアーティストとして知られた米津玄師さん、これまでにこの様なコメントを残していました。

「自分が必要と感じたら出るよ。」


「その日限りの過ぎ去ってていくものとして緩くやってたんだけど、最近動画として至る所に残るようになってしまって、もう以前のような形では無理かもなあと感じている。ごめんね。その分ライブで会おうな。」

これらのコメントからは、その時その時の瞬間を大切にしたいという思いや、自分自身をしっかりと持ったスタンスが伝わって来ます。

そんな米津玄師さん、テレビに生出演するのは今回の紅白2018が初めてのことになります。

なぜ米津さんは出演を決めたのでしょうか?

そこには亡くなった祖父の存在がありました。

このLemonの制作中に祖父を無くして1年が経過しました。

米津さん自身の故郷であり大切な祖父の暮らしていた場所でもある徳島でこの歌を歌う意味を感じることができた為、ついに出演を決意した様です。

米津玄師紅白2018のロケ地(中継地)はどこ?出演時間を予想!

追記します。

米津玄師さんの動画をアップしました!!!

 

それでは一体米津さんの初のテレビ生出演となるロケ地(中継地)は一体どこになるのでしょうか?

これについてはネット上でも様々な声が飛び交っていますが、紅白出場が発表された26日はいくつか意見が割れていました。

 

と言うわけで、次の3カ所が候補地として名前が挙がっていました。

大塚国際美術館
ポカリスエットで知られる大塚製薬グループが創立75周年記念事業として徳島県鳴門市に設立した日本最大級の常設展示スペースを持つ「陶板名画美術館」。売りは1000点以上にもなる2000年以上色褪せない、迫力の西洋名画の数々。

眉山
標高290mの徳島市のシンボル。山頂からは瀬戸内海を望め、四国一ともいわれる夜景のスポット。

鳴門大橋
四国と近畿を結ぶ吊橋で、渦潮で有名な鳴門海峡の上空を渡る橋。日本の道100選。

 

ところが紅白の迫って来た28日、29日に地元と思われる方々の有力な情報が続々!

それによると「大塚国際美術館」!!!

そしてついにダメ押し情報です。

これで米津玄師さんの紅白2019のロケ地(中継地・出演場所)は大塚国際美術館で確定です!!

そして先ほどご紹介したツイートの中に、システィーナ礼拝堂は「非公開しやすいし絵になるし雰囲気出るし・・・」と言うコメントがありました。


そして大塚美術館からのツイートでは「12/30(日)は、B3Fシスティーナ・ホール、他に鑑賞制限があります。ご了承ください。」とありました。

これってどう考えてもロケの準備ではないでしょうか?


と言うわけで、米津玄師さんの紅白2018のロケ地(中継地・出演場所)は、大塚国際美術館のB3Fにあるシスティーナホールでほぼ確定と思われます。

追記します。

徳島の方達からのこれらの情報で、大塚国際美術館のシスティーナホールで米津玄師さんが歌うことがはっきりしましたね。もう99%の確率と言えるのではないでしょうか!!!

 

因みにこのシスティーナホールは、バチカン宮殿にあるシスティーナ礼拝堂をそのまま原寸大で再現しているそうです。

調べてみると、この大塚国際美術館は訪れた方の評判が非常にいいことが分かりました。

徳島方面に行くことがあれば是非行って見たいと思います!

続いては米津玄師さんのNHKへの出演時間についてです。

今回の紅白2018での米津さんの登場は全体の24番目、後半組の後半となっています。

米津さんの前後はもう大物アーティストばかり!

注目を集めるこの時間帯に初出場ながら抜擢される辺りに、米津玄師さんに対する期待度が感じられます。

 

22. 紅 松任谷由実(3)「私が好きなユーミンのうた~紅白スペシャル~」
23. 白 星野源(4)「アイデア」
24. 白 米津玄師(初)「Lemon」
25. 紅 MISIA(3)「アイノカタチ 2018」
26. 白 ゆず(9)「うたエール」
27. 紅 石川さゆり(41)「天城越え」
28. 白 嵐(10)「嵐×紅白スペシャルメドレー」
29. 特別企画 サザンオールスターズ(5)「勝手にシンドバッド・希望の轍」

そこで気になる時間帯ですが、今回の米津玄師さんの様に昨年サプライズ出場となって注目を集めたのは安室奈美恵さんでした。

この時の安室奈美恵さんの順番は最後から4番目と言う曲順で、出演時間は23時15分頃でした。

今回の米津玄師さんは最後から6番目となりますので、23時前後の登場となる可能性が高いです。

ただし今年の紅白2018では特別企画として大トリの嵐の次に歌うサザンオールスターズも見所となっている為、サザンの時間帯はトークも含めて長めになることも予想されます。

米津玄師さんが紅白生出演と言う貴重な場面ですので、念には念を入れて22時半頃からテレビの前で準備しておくのがオススメです。

まとめ

今回はこの極めて貴重な米津玄師さんの紅白出場に関し、米津玄師紅白2018のロケ地はどこ?出演時間予想と出場理由も!と題してお届けしてきました。

気になる米津玄師さんの紅白2018のロケ地(中継地・出演場所)ですが、徳島県鳴門市にある大塚国際美術館の可能性が極めて濃厚です。

そしてその出演時間は23時前後になりそうですので、22時半頃から備えておきましょう!

とにかく米津玄師さんの初紅白、今から楽しみでたまりません!

最後までご覧頂き、どうもありがとうございました。

米津玄師さんが絶賛するバンドKing Gnuがいよいよ2019年にメジャーデビューします。

King Gnuのリーダー常田大希さんは米津玄師さんのアルバム制作にも関わっており、要注目です!!