いよいよゴールデンウィークが目前に迫ってきました。

今年のゴールデンウィーク、カレンダー上では10日間という年末年始並みの大型連休となりました。

これだけ長期の休みになると旅行やドライブに出かけたり、食事をしたりという機会も増えてきますよね。

思わぬ出費で現金が急に必要になることもあり得ます。

 

そこで今回は、十八銀行GW2019の窓口営業は?ATMの営業時間と手数料も!と題してお届けしていきます。

スポンサーリンク

十八銀行GW2019の窓口営業は?


十八銀行のゴールデンウィーク2019の窓口営業の時間ですが、4月27日(土)から5月6日(月・祝)まで10連休となっています。

窓口での手続きなが必要な方は4月26日(金)までに!

さもないと連休明けの5月7日(火)以降になってしまいます。

なお今年のゴールデンウィークは10日間という長期の連休になるため、4月25日・26日及び5月7日はかなりの混雑が予想されます。

可能な方はお早めに・・・。

 

十八銀行GW2019のATMの営業時間と手数料も!

それでは引き続きゴールデンウィーク期間中の十八銀行のATMの稼働状況を見てみましょう。

十八銀行のATMのGW2019の利用可能時間は、最長で8:00〜21:00となっています。

そしてGW2019期間中の引出し手数料は108円です。


出典:十八銀行

※稼働時間はお取扱い可能な最長の時間を記載しております。実際の取引可能時間については設置場所により異なります。

※土日祝日の21:00まで稼働は「がんばランド出張所」、「エレナ川棚出張所」の2カ所のみとなっております。
(その他は最大19:00までの稼働) 引用:十八銀行

 

 

十八銀行GW2019のFFGグループのATMの営業時間・手数料は?

十八銀行は福岡銀行を中心とする福岡フィナンシャルグループ(FFGグループ)に所属している為、福岡銀行・熊本銀行と、同じ長崎県の地方銀行である親和銀行の三行に対しては、安い手数料設定となっています。

FFGグループ(福岡銀行・熊本銀行・親和銀行)のATMのGW2019の利用可能時間は、8:00〜21:00となっています。

そしてGW2019期間中の手数料は108円です。

 

十八銀行GW2019の九州ATMネットワークのATMの営業時間・手数料は?

十八銀行は九州にある地方銀行で構成されている九州ATMネットワークに所属している為、安い手数料設定となっています。

九州ATMネットワーク(佐賀銀行・筑邦銀行・西日本シティ銀行・大分銀行・肥後銀行・宮崎銀行・鹿児島銀行)のATMのGW2019の利用可能時間は、4月27日(土)から29日(祝)と5月5日・6日(祝)が9:00〜17:00、30日(祝)から5月2日(祝)までが8:00〜21:00となっています。

そしてGW2019期間中の手数料は108円です。

十八銀行GW2019のコンビニのATMの営業時間・手数料は?

十八銀行のカードでコンビニ(セブン銀行・E-net・ローソン銀行)のATMのGW2019の利用可能時間は、7:00〜23:00となっています。

そしてGW2019期間中の手数料は216円です。

 

十八銀行GW2019のゆうちょ銀行のATMの営業時間・手数料は?

十八銀行のカードでゆうちょ銀行ATMのGW2019の利用可能時間は、4月27日(土)が7:00〜23:00、28日(日)から5月6日(祝)までが7:00〜21:00となっています。

そしてGW2019期間中の手数料は216円です。

 


出典:十八銀行

 

十八銀行GW2019の注意点は?

今回のゴールデンウィーク期間中の注意点ですが、大きく2つあります。

  • ATMの場所によっては現金切れで使えない可能性あり。
  • 長期の連休になる為、GW直前の4月25日(木)・26日(金)や、GW明けの5月7日(火)は混雑が予想。

詳しくはこちらをご覧下さい。

→ 10連休に関するご案内(全国銀行協会)

とにかく早めに現金を準備しておくとスムーズに連休を迎えられますね。

まとめ

というわけで今回は、十八銀行GW2019の窓口営業は?ATMの営業時間と手数料も!と題してお届けしてきました。

ゴールデンウィークですが、十八銀行の窓口は暦通りの10連休となります。

そして気になる十八銀行ATMの営業時間は最長で8:00〜21:00で、手数料は108円でした。

そして十八銀行の場合、同じグループであるFFGグループや九州ATMネットワーク加盟の銀行ATMも手数料が108円でしたので、近くにある様でしたらご利用されてもいいと思います。

コンビニやゆうちょ銀行・その他のATMの手数料216円はちょっと高いですもんね。

それでは最後までご覧頂き、どうもありがとうございました。