記録的な連休となった2019年のゴールデンウィーク、もういよいよですね。

関越自動車道を使って実家に帰省したり、各地の行楽スポットに出かけるという方も多いのでは?

でもゴールデンウィークと言えば高速道路の渋滞は付き物。

タイミングを間違えると、それこそ数十キロにも及ぶ大渋滞にも巻き込まれ兼ねません。

そうしたらせっかくの楽しい休みも台無しですもんね。

と言うわけで今回は関越自動車道GW2019渋滞|Uターンラッシュピークや混雑回避は?と題してお届けしていきます。

関越自動車道の渋滞のピークや混雑回避について事前に情報を入れて、楽しい連休にして行きましょう!

スポンサーリンク

関越自動車道GW2019渋滞の予測


出典:Twitter(アイキャッチ画像共に)

それではゴールデンウィーク2019の期間中、関越自動車道の混み具合はどうなるのでしょうか?

NEXCOによる関越自動車道の渋滞予測情報は以下の通りです。

東京からの下りで注意すべきなのは5月3日です。

5月3日(金)の渋滞予測

関越自動車道下り

渋滞発生区間:大泉JCTから嵐山小川IC

渋滞先頭位置:東松山IC付近

時間:5時~13時

ピーク時刻:7時

長さ:約35km

◆通常この区間では約25分かかるところ、約1時間10分かかると見られています。

 

東京へ向かう上りは複数の日で長い渋滞発生が予測されています。

4月29日(月)の渋滞予測

関越自動車道上り

渋滞発生区間:本庄児玉ICから鶴ヶ島IC

渋滞先頭位置:高坂SA付近

時間:14時~21時

ピーク時刻:17時

長さ:約30km

◆通常この区間では約20分かかるところ、約1時間かかると見られています。

 

 

5月4日(土)の渋滞予測

関越自動車道上り

渋滞発生区間:本庄児玉ICから鶴ヶ島IC

渋滞先頭位置:高坂SA付近

時間:14時~23時

ピーク時刻:18時

長さ:約35km

◆通常この区間では約25分かかるところ、約1時間10分かかると見られています。

 

 

5月5日(日)の渋滞予測

関越自動車道上り

渋滞発生区間:本庄児玉ICから鶴ヶ島IC

渋滞先頭位置:高坂SA付近

時間:11時~翌0時

ピーク時刻:17時

長さ:約30km

◆通常この区間では約20分かかるところ、約1時間かかると見られています。

 

 

関越自動車道GW2019渋滞のUターンラッシュピークや混雑回避は?混雑回避・Uターンラッシュピーク

今回のゴールデンウィーク2019において関越道下り線の渋滞のピークは5月3日(金)となっています。

大泉JCT〜嵐山小川IC区間渋滞のピークは5〜13時!所要時間は約1時間10分と通常の3倍!

大泉JCTを5時以前13時以降の通過がオススメ!

 

今回のゴールデンウィーク2019において関越道上り線の渋滞のピークは5月4日(土)となっています。

本庄児玉IC〜鶴ヶ島IC区間渋滞のピークは14〜23時!所要時間は約1時間10分と通常の3倍!

本庄児玉ICを14時以前23時以降の通過がオススメ!

 

では関越自動車道の混雑回避の方法は何でしょうか?

これについては清水草一さん(交通ジャーナリスト)が分かりやすくまとめていました。

関東の高速道路網は、東京を中心にした放射状の単純なものです。途中で動脈同士の合流はないので、渋滞の形態も単純な自然渋滞が中心。その分対策も立てやすいです。
そこで、その対策ですが、一にも二にも時間をずらすこと。これに尽きます。下り渋滞は、各路線とも午前5時ごろ始まり、午前7時ごろピークを迎え、午後2時ごろ解消されます(あくまで目安ですが)。つまり、早めに東京を出発するなら、午前4時台には目的の路線に乗っているようにしたいところです。自宅を出発するのが4時台ではダメ。「目的の路線に乗るのが4時台」ですから、東名に乗るのに1時間かかる場合は、3時台に自宅を出発する必要があります。

引用:ドライブCh

そして運悪く渋滞にはまった場合、そのまま諦めてノロノロ運転を続けるか、それとも一般道に降りるか迷うときがありますよね。

これに対する清水さんの見解はこちらです。

渋滞していたら、下道に降りて迂回した方が早いのでは?という問いに対しては、「平均時速25キロで動く自然渋滞なら、下道でそれを上回るのは至難の業」です。どんなにうまく迂回しても、1割早く着くのが関の山というわけです。

引用:ドライブCh

つまり色々苦労して少しでも早く着こうとしても、結果的にはそのまま高速に乗っているままの方が良さそうということですね。。。

まとめ

と言うわけで今回は関越自動車道GW2019渋滞|Uターンラッシュピークや混雑回避は?と題してお届けしてきました。

予め関越自動車道の渋滞のピークや混雑回避について情報を入れて、楽しい連休にして行きましょう!

そしてくれぐれも運転には十分に注意をして、いい連休をお過ごし下さい。

それでは最後までご覧頂き、どうもありがとうございました。