非常に残念で腹ただしいニュースが届きました。

東名高速道路において悪質で執拗なあおり運転を繰り返した石橋和歩被告。

その行動によって2017年の6月に夫婦が死亡したと言うニュースは社会的な反響を呼びました。

この事故(というか事件)以降はあおり運転が注目され、自衛の為にドライブレコーダーを車に設置する方も激増したそうです。

そんな石橋和歩容疑者が産経新聞の記者に宛てた手紙の内容が、あまりに反省が感じられないと再び大変な反響を呼んでいます。

と言うわけで今回は東名あおり運転石橋和歩被告の手紙画像と内容は?現在の状況も!と題してお届けしていこうと思います。

スポンサーリンク

東名あおり運転事故の概要

2017年6月、神奈川県中井町の中井パーキングにおいて車がはみ出して停まっていることを注意した萩山さん一家に対して石橋容疑者が激昂。

萩山さんのワゴン車を猛スピードで追跡し、車線変更を繰り返すなどあおり運転は1.4キロにも。

運転していた妻の友香さんが止むを得ず追越車線上で停車。

石橋被告が車内にいた夫の嘉久さんを車外に引き摺り出そうとしている最中に、後ろからトラックが突っ込んだと言うもの。

事故によって萩山さん夫婦は死亡、高一と小六の娘二人は軽傷、石橋容疑者と同乗していた知人女性は重傷となりました。

この事故(事件)によって平和な一家四人の生活が一瞬にしてズタズタにされてしまったと思うと、胸が張り裂ける思いです。

東名あおり運転石橋和歩被告の手紙画像と内容は?現在の状況も!

今回問題となっている石橋和歩被告からの手紙と言うのは、産経新聞の記者に宛てたものでした。

産経新聞によると内容は以下の様でした。

便箋1枚に書かれた手紙は5行程度のもの。「俺と面会したいなら30万からやないと受つけとらんけん」(原文ママ)と金銭を要求しているような文章から始まり、取材については「人のことをネタにしている」との趣旨が書いてあった。


出典:産経新聞

もう開いた口が塞がらないとはこのことです。

あれだけの大事件を起こしておいて、「面会したいなら30万からでないと受け付けない」と言うのは石橋被告の神経を疑ってしまいます。

普通であれば、一時的にかっとなった事で取り返しのつかない大変なことをしてしまったと反省するところですよね。

東名あおり運転石橋和歩被告の現在の状況

さて、今回この様な手紙を産経新聞の記者に送り付けてきた石橋和歩容疑者、現在はどこでどうしているのでしょうか。

調べてみるとこの石橋和歩容疑者、危険運転致死傷罪などに問われて横浜拘置支所に勾留中と言うことでした。

通常であれば事件・事故より一定期間を経て反省・後悔へという時期です。

石橋和歩被告はこの先罪が確定して懲役刑となっていくことだと思います。

これだけの事故を招いておいて反省が全く感じられない手紙の内容を見てしまうと、一生そのまま刑務所にと思わずにはいられません。

社会的にあおり運転というものがクローズアップされ、各地で起こっていた同様の事故が少しでも減ってくれることが救いです。

まとめ

と言うわけで今回は東名あおり運転石橋和歩被告の手紙画像と内容は?現在の状況も!と題してお届けしてきました。

石橋和歩被告から産経新聞の記者に宛てられた手紙の内容は面会をするなら30万円以上の金銭を要求するという、非常識極まりない内容でした。

また現在のところは危険運転致死傷などの罪に問われて横浜拘置支所に拘留されていますが、反省している気配は手紙からは全く感じ取ることができませんでした。

亡くなったご夫婦のご冥福をあらためてお祈りしたいと思います。

最後までご覧頂き、どうもありがとうございました。