ウィンブルドン・ジュニア選手権にて日本の
望月慎太郎選手が男子シングルスにて
初優勝を果たしました。

テニスの四大大会ジュニアで男子の優勝は
日本人にとって初めてのこと。

女子を含めると全仏とウィンブルドンの
ジュニア(1969年)で沢松和子さんが優勝を
して以来50年ぶりという快挙です。

あの錦織圭選手でも優勝できていないので、
望月慎太郎選手の凄さがわかります。

そこで今回はそんな望月選手がどのような
人物なのか調べてみました。

というわけで今回は
望月慎太郎の成績(戦績)は?プロフィールや出身中学に所属も!
と題してお届けしていきます。

スポンサーリンク

望月慎太郎の成績(戦績)は?プロフィールや出身中学に所属も!


出典:Yahooニュース

それでは望月慎太郎選手の成績(戦績)から
みていきましょう。

 2014年

  • 全日本ジュニア12歳以下:3R
  • 小学生テニス選手権:ベスト4

2015年

  • 小学生テニス選手権:ベスト8
  • 全国選抜ジュニア12歳以下:ベスト8

引用元:Junior Tennis Datebase

 

 

小学生時代の望月慎太郎選手、全国大会で
上位入賞をしていたものの、まさか数年後に
ウィンブルドンで優勝するなんて驚きです。

一体望月選手に何があったのか、
後ほどプロフィール経歴を見てみましょう。

そして今年の成績(戦績)はこちらです。

 2019年

  • ウィンブルドンジュニア:優勝
  • ローハンプトンG1:3R
  • ジュニアノッティンガム:優勝
  • 全仏オープンジュニア:ベスト4
  • アストリッチボールシャルルロワ:ベスト4
  • イタリアオープンジュニア:3R
  • サンタ・クローチェ・スッラルノ:ベスト8
  • パナセオITFカップ:ベスト8
  • サルソマッジョーレG2:ベスト4
  • ポルトアレグレ:3R
  • バナナボール:2R
  • コパ・パランキージャ:2R
  • コーヒーボウル:優勝

引用元:Junior Tennis Datebase

全仏オープンジュニアのベスト4入りで注目を
集めていた今年の望月慎太郎選手。

ウィンブルドンジュニアの直前に出場した
ローハンプトンG1では三回戦敗退します。

対戦相手はAnton MATUSEVICH選手
(イギリス)でした。

しかしウィンブルドンでは準々決勝にて
6-3 6-3で破り、雪辱を果たします。

そしてそのまま見事に優勝を手にしました。

望月慎太郎のプロフィールや出身中学に所属も!

望月慎太郎のプロフィール

名前:望月慎太郎(もちづき しんたろう)

生年月日:2003年6月2日

出身地:神奈川県川崎市

身長:175cm

体重:64kg

 

望月慎太郎の経歴・出身中学・所属

神奈川県川崎市出身の望月慎太郎選手は
テニスを3歳で始めます。

そしてテニススクールTEAM YUKAに所属して、
小学生時代も前述の通り全国大会で活躍。

通っていたのは公立の川崎市立向小学校
でした。

そんな望月選手の転機は12歳の時でした。

盛田正明テニスファンドの選抜試験に
合格したのです。

そして13歳からアメリカのIMGアカデミーに
テニス留学しています。


その為、望月選手は川崎市立富士見中学校に
進学をしたものの、ほとんど通わなかった
ようです。

このIMGアカデミーは様々なスポーツの
トレーニング施設で、将来が有望な選手が
数多く集まります。

あの錦織圭選手もここの出身でした。

そのためか望月選手と錦織選手の交流も
随分と前からあるようですね。

今年の全仏及びウィンブルドンの4回戦の
試合前に、錦織選手は望月選手を練習相手
(ヒッティングパートナー)として指名。

日常的にトッププロと交流できる機会は
とっても貴重ですね。

今回の快挙の後にも錦織選手からは
お祝いのメッセージが届いていました。

 

Team Yuka

またウィンブルドンジュニア優勝の報道で、
望月選手の名前と一緒にTeam Yukaの名前も
出ていました。

この個人名が出ているようなチーム名に
何だろうと思った方もいるのでは?

このTeam Yukaは横浜市の都岡テニスガーデンを
練習の本拠地とするテニススクールなんです。

プロテニスプレーヤー吉田友佳さんと
アスレティックトレーナー金子和宏さんが
中心になって2010年に設立されました。

今回の望月慎太郎選手の活躍を受けて、
入会希望者が続出するかもしれませんね。

まとめ

というわけで今回は
望月慎太郎の成績(戦績)は?プロフィールや出身中学に所属も!
と題してお届けしてきました。

アメリカのIMGアカデミーで着々と実力を
高めている望月選手、これからの活躍が
非常に楽しみですね。

それでは最後までご覧頂き、
どうもありがとうございました。