囲碁の世界に注目の最年少プロ棋士が誕生しました。

仲邑菫(なかむらすみれ)さん。

現在10歳の彼女は、2019年4月に10歳0ヶ月にしてプロに。

一体この仲邑菫さん、どのような少女なのでしょうか?

そこで今回は仲邑菫のプロフィールや経歴は?父・母や家族に小学校も調査!と題して、仲邑菫さんのプロフィールや経歴に加えて、お父さんやお母さんといった家族のことや通っている小学校についてお届けします。

スポンサーリンク

仲邑菫のプロフィールや経歴は?

それではプロフィールに入る前にまずは今回のマスコミでの報道を見てみましょう。

囲碁の日本棋院は5日、小学4年生の少女、仲邑菫さん(9)が史上最年少でプロ棋士の初段になると発表した。4月1日付のプロ入り時は10歳0カ月で、藤沢里菜女流本因坊(20)の11歳6カ月を9年ぶりに更新する。

中国、韓国が席巻する国際棋戦で活躍できるプロ棋士養成のため、日本棋院が新設した「英才特別採用推薦棋士」に選抜された。


出典:twitter

仲邑菫さんのプロフィール

  • 名前:仲邑菫(なかむら すみれ)
  • 生年月日:2009年3月2日
  • 年齢:10歳(2019年4月現在)
  • 生誕地:東京都
  • 居住地:大阪市此花区

現在小学校5年生という中邑菫さん、囲碁を始めるきっかけは両親でした。

実はお父さんもお母さんも叔母さんも囲碁の達人(後述します)だった為、始めたのもわずか3歳。

そしてある時からお父さんの考えで囲碁の強豪国・韓国に定期的に行くように。

普段は日本の学校で勉強などを行いながら、長期の休みなどの度に韓国に行くという二重生活を送ります。

因みに中邑菫さんは韓国語が堪能で、韓国に行った際にはご両親の通訳も務めているようです。

こうした様々な努力が実って晴れて日本棋院の「英才特別採用推薦棋士」第1号に。

プロの道に辿りつくことになりました。。。

追記します。

2019年4月22日、仲邑菫さんのプロデビュー戦が行われました。

相手は大森らん初段。

残念ながら結果は黒星となりました。

それにしてもマスコミの注目ぶりはすごいですね。

仲邑菫の父・母や家族は?

仲邑菫さんのお父さんは仲邑信也(しんや)さん。

実は日本棋院関西総本部九段というプロ棋士でした。

お母さんの仲邑幸(みゆき)さんはアマチュアの強豪で囲碁インストラクター。

そしてそれに加えて幸さんの妹はプロの石井茜三段となっています。

このような家族構成、家庭環境であれば、菫さんが早熟でプロ入りするのも不思議はありません。

仲邑菫の小学校は?

仲邑菫さんの通っている小学校は大阪市立高見小学校の様です。

大阪市此花区にある小学校で、外観写真を見ると非常に綺麗な感じです。


まとめ

と言うわけで今回は仲邑菫のプロフィールや経歴は?父・母や家族に小学校も調査!と題して、仲邑菫さんのプロフィールや経歴に加えて、お父さんやお母さんといった家族のことや通っている小学校についてお届けしてきました。

本当に囲碁の「達人」に囲まれるようにして育ってきた仲邑菫さん。

この最年少でプロの囲碁棋士になると言うのも、なるべくしてなったと言う気がします。

これからの中邑さんの活躍が楽しみですね。

それでは最後までご覧頂き、どうもありがとうございました。