美しすぎる女子相撲選手として注目を集める野崎舞夏星さん。

そのルックスと女子相撲というギャップが魅力です。

しかもこの野崎舞夏星さん、美しいだけでなく強いんです!

それではこの野崎舞夏星さん、一体どの様な方なのでしょうか?

そしてこの野崎さんの名前もちょっと見ただけでは読み方に迷います。

そこで今回は野崎舞夏星の読み方は?プロフィールや経歴に出身高校と大学も!と題して、野崎舞夏星さんの名前の読み方に加えてプロフィールや経歴、そして出身高校や大学についてもお届けしていきます。

スポンサーリンク

野崎舞夏星の読み方は?


出典:twitter(アイキャッチ画像共に)

野崎舞夏星さんの名前の読み方は「のざき まなほ」です。

知らないとなかなかこの読み方は出てこないですよね。

それにしてもこの上の写真の素敵な笑顔!

相撲というイメージからはほど遠いですね。

野崎舞夏星のプロフィールや経歴に出身高校と大学も!

それでは野崎舞夏星さんのプロフィールから見ていきましょう。

プロフィール

  • 本名:野崎舞夏星(のざき まなほ)
  • 生年月日:1996年7月17日
  • 年齢:22歳
  • 出身地:静岡県浜松市
  • 競技種目:女性相撲・レスリング
  • 趣味:プロレス鑑賞・ショッピング・映画鑑賞
  • 高校:静岡県立浜松西高校
  • 大学:立命館大学
  • 職業:大学4年生

続いては野崎舞夏星さんの経歴です。

この相撲というイメージに程遠い美しさの野崎舞夏星さん、その競技人生の原点は小学生の頃にありました。

レスリングをやっていたお兄さんの影響で、野崎舞夏星さんもその後を追います。

そんな野崎舞夏星さんと相撲の出会いは小学校2年生の時です。

そしてすぐに頭角を表わした野崎舞夏星さん、様々な大会で優勝を重ねる様になります。

そして高校生の時にはなんと世界ジュニア相撲選手権大会の軽量級で優勝し、世界一の座に輝きました。

なおこの世界ジュニア相撲選手権大会の優勝を機に、それまで並行して続けてきたレスリングを辞め、相撲に専念する様になります。

  • 2008年6月 – 第17回わんぱく相撲静岡県大会 女子5・6年 優勝

  • 2009年7月 – 第12回静岡県女子相撲選手権大会 小中学生無差別 優勝

  • 2010年9月 – 第1回全日本女子相撲郡上大会 中学生軽量級 優勝

  • 2010年10月 – 第15回全日本女子相撲選手権大会 中学生軽量級 優勝

  • 2011年8月 – 第2回全日本女子相撲郡上大会 中学生軽量級 優勝

  • 2011年10月 – 第16回全日本女子相撲選手権大会 中学生50キロ未満級 優勝

  • 2013年4月 – 第1回国際女子相撲選抜堺大会 軽量級 優勝

  • 2014年4月 – 第2回国際女子相撲選抜堺大会 軽量級 優勝

  • 2014年8月 – 世界女子ジュニア女子相撲選手権大会 軽量級 優勝

  • 2014年10月 – 全日本女子相撲選手権大会 軽量級 優勝

  • 2015年6月 – 第1回全国女子相撲選抜ひめじ大会 優勝

野崎舞夏星の出身高校と大学

野崎舞夏星さんの出身高校は地元の県立高校である浜松西高校です。

この浜松西高校は中高一貫校で、野崎舞夏星さんは中学の時から柔道部に所属。

高校に上がっても週4日は柔道の稽古をし、残りをレスリングと相撲に充てていたと言います。

このレスリングや柔道をやっていた経験が、相撲においても生かされて野崎舞夏星さんの強さに繋がっている様です。

日本女子相撲選手権では、2012年(高1)・2013年(高2)準優勝、2014年(高3)優勝と、着実に実績を残し、高校3年の時に世界ジュニア相撲選手権大会の優勝を手にしています。



出典:みらいぶ

 

相撲の全国大会に初めて出場したのは小学校6年の時でしたが、2回戦で負けてしまいました。家族は、そこでもう相撲はやめると思っていたみたいですが、負けたのがくやしかったので続けました。中学校の時も、中3でやめると思われていましたが、やっぱり続けました。高校1・2年の頃は、私は家族が大好きなので、相撲は高校でやめて、家の近くの大学で普通の大学生になれたらいいかなと思っていたけど、結局家族と離れて大学に行って、相撲を続けることになりました。

 

そんな野崎舞夏星さんが進学したのは立命館大学。

相撲をもっと極めたいと考えて、相撲部のある大学を選びました。

ところがそれまで順調だった競技生活が一転し、大学時代はけがに苦しむ様になります。

しかし大学4年生で迎えた全国学生女子相撲選手権(インカレ)では個人と団体の2冠を達成しました。

まとめ

今回は野崎舞夏星の読み方は?プロフィールや経歴に出身高校と大学も!と題して、野崎舞夏星さんの名前の読み方に加えてプロフィールや経歴、そして出身高校や大学についてもお届けして来ました。

小さい頃から相撲の魅力に取り憑かれて一生懸命練習に励んできた野崎舞夏星さん、大学時代はけがに苦しみ続けて結果を出すことが出来なかったと言います。

高校3年生で世界一という栄光を掴んだだけに、肉体的・精神的にも非常に辛い思いを重ねていたのではないでしょうか。

そんな野崎舞夏星さんが最後のインカレで個人と団体の2冠を達成したことを知り、本当に嬉しく思いました。

それでは最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。