ラグビーのニュージーランド代表「オールブラックス」と言えば、その試合前に行われる独特の踊りでも知られています。

この黒のジャージを纏った屈強な選手達が大声を張り上げながら次々にポーズを取っていく様は勇壮そのもの。

これは一体何の為に踊っているのでしょうか?

と言うわけで今回はオールブラックスの踊り「ハカ(HAKA)」の意味や種類、そして歌の歌詞や動画も!と題してご紹介していきます。

スポンサーリンク

オールブラックスの踊り(ハカ)の意味は?

オールブラックスが試合前に踊る踊りはハカ(HAKA)と言います。

このハカを踊る意味ですが、相手チームに対する敬意の表明と同時に相手との対戦の受け入れとされています

 

ハカ(HAKA)はもともとニュージーランドの先住民族マオリ族に伝わる伝統舞踊。

手を叩いたり力強く足踏みするのが特徴で、戦いに臨む戦士が自らを鼓舞すると同時に相手を威嚇するための踊りです。

現在のニュージーランドでは伝統舞踊として、結婚式や歓迎式典・開会式など様々な場面で披露されています。

 

オールブラックスは1905年のイギリス遠征の際に初めてこのハカを踊り、それ以降代々継承されてきています。

 

オールブラックスの踊り(ハカ)の種類や歌詞に動画も!

カマテ(Ka Mate)

オールブラックスの踊り(ハカ)には「カマテ(Ka Mate)」「カパオパンゴ(Kapa o Pango)」の2種類があります。

元々オールブラックスで踊り続けられてきたのは「カマテ(Ka Mate)」。

歌詞の中に「カマテ カマテ」と言う言葉が出てくるので、注意して聞いていると分かります。

 

ここでは登場頻度の高いカマテ(Ka Mate)の歌詞とその意味をご紹介します。

Ka mate! Ka mate!  カ マテ!カ マテ!(私は死ぬ!私は死ぬ!)
Ka ora! Ka ora! カ オラ!カ オラ!(私は生きる!私は生きる!)
Ka mate! Ka mate! カ マテ!カ マテ!(私は死ぬ!私は死ぬ!)
Ka ora! Ka ora! カ オラ!カ オラ!(私は生きる!私は生きる!)
Tenei te tangata puhuruhuru テネイ テ タナタ プフルフル(見よ、この勇気ある者を)
Nana nei i te tiki mai, ナナ ネイ イ ティキ マイ(ここにいる毛深い男が)
Whakawhiti te ra!  ファカフィティ テ ラ(再び太陽を輝かせる!)
A upane! ka upane! ア ウパネ!カ ウパネ!(もう一歩上へ!さらに一歩上へ!)
A upane, ka upane  ア ウパネ!カ ウパネ! (もう一歩上へ、さらに一歩上へ)
Whiti te ra! フィティ テ ラ!(太陽の光の中へ!)

カパオパンゴ(Kapa o Pango)

伝統的なカマてに対し、新しいハカが「カパオパンゴ(Kapa o Pango)」。

これは2005年8月27日の対南アフリカ戦で初めて披露されたもので、オールブラックスの為に作られました。

このカパオパンゴは絶対に勝たなければいけない時などの特別な時に踊られるようです。

踊りの最後には首を切るようなゼスチャーがある為、当初非常に問題視されたようです。

このハカは、終幕に首を切るようなジェスチャーが含まれ問題視されたが、オールブラックスから「相手の首を切る挑発的な意味ではなく、自らの首をかけて戦う意気込みを示すもの」との趣旨の説明があるなど議論が重ねられ、現在では、首を切るジェスチャーが維持されている。

引用:ウィキペディア

 

Ho ri te!!!   (鋭く叫べ!!!)
Ha ho ripe!!!
Ka mau!!!!
Hī!
Kapa O Pango kia whakawhenua au I ahau!
(オールブラックスよ、国をひとつにさせてくれ!)
Hi aue ii!
Ko Aotearoa e ngunguru nei!(鳴動する我らの国よ!)
Au, au aue ha!(今こそ、我が奮起する時!)
Ko Kapa O Pango e ngunguru nei!(それこそが我らをオールブラックスたらしめる!)
Au, au, aue ha! (今こそが その時だ!)
I ahaha! (輝く時!)
Ka tu te ihiihi  (我々が支配し)
Ka tu te wanawana (その優位は偉大なる勝利となり)
Ki runga ki te rangi e tu iho nei, tu iho nei ihi !(敬われ 高く掲げられる)
Ponga ra! (シルバーファーン!)
Kapa O Pango, aue hi! (我々はオールブラックス!)
Ponga ra! (シルバーファーン!)
Kapa o Pango, aue hi! (我々はオールブラックス!)
ha!

引用:https://ameblo.jp/kare-gaikokujin/entry-11029626663.html

オールブラックスの踊り(ハカ)で相手に舌を出すのはなぜ?

ハカ(HAKA)を見ていると、オールブラックスの選手がその踊りの前後で舌を出すシーンが見られます。

時には白目をむきながら思いっきり舌を出す様は、相手からしたら侮辱としか思えないほど。

実はマオリ族にとって相手に舌を出す意味は「相手への礼儀」が込められているそうです。

しかし元々は自分達の部族にとって初対面の相手がやってきた時、威嚇をしたりしながら相手を見極め、敵ではないことを確認していたと言う歴史がありました。

現在ニュージーランドでは学校でハカについて学ぶ機会がありますが、その時にこの舌を出す動作も練習します。

そんなことを頭に入れながらハカを見てみると、また違ったものに見えてきます。

下の動画オールブラックスのハカの有名なシーンが3試合分登場しています。

3分過ぎに登場する舌出しは、すごい迫力です!

また2試合目のハカはカパオパンゴが踊られていますが、最後(3分頃)に例の首を切るような動作もみられます。

 

 

まとめ

と言うわけで今回はオールブラックスの踊り「ハカ(HAKA)」の意味や種類、そして歌の歌詞や動画も!と題してご紹介してきました。

ハカには「カマテ(Ka Mate)」と「カパオパンゴ(Kapa o Pango)」の2種類がありました。

元々ハカはニュージーランドの先住民マオリ族の戦士の踊りで、戦い前の自らの鼓舞や相手への威嚇の為に用いられていました。

オールブラックスでハカが踊られる意味としては、相手への経緯や対戦の受け入れ表明とされています。

この迫力あるハカ、実際に試合会場や大画面で見てみたいですね。

それでは最後までご覧頂き、どうもありがとうございました。