4月20日(土)放送の「激レアさんを連れてきた。」では85歳のミネコ(高坂峰子)さんが登場です。

このミネコ(高坂峰子)さん、激レアで取り上げられるだけあって確かにその人生は激レア!

実はこの方、今から70年ほど前に女子プロ野球のプロ第一号になっていたのです。

打率もすごく、5割を超えていたとか。

番組内では「元祖イチロー」との声も。

そして野球が上手だっただけでなく、当時はかなりの美人さんだった様ですよ。

そうなると気になるのが、経歴に加えてその家族。

ミネコ(高坂峰子)さんが選んだ旦那さんはどんな方で、どうやって結婚に至ったのでしょうか?

息子さんや娘さんはいるのでしょうか?

と言うわけで今回はミネコ(高坂峰子)若い頃の美人画像に驚愕!旦那・息子や経歴も!と題してお届けして行きます。

スポンサーリンク

ミネコ(高坂峰子)若い頃の美人画像に驚愕!

もうすっかり高齢になられたミネコ(高坂峰子)さん、日本初の女子プロ野球選手として活躍したのはもう70年ほども前のこと。

大阪で創設された女子プロ野球チーム「大阪ダイヤモンド」の捕手・内野手として活躍!

その時の打率は驚きの5割以上だったとか。

そんなスタープレーヤーだったミネコ(高坂峰子)さんに人気が出ないわけがありません。

特にミネコさんは美人だった様で、注目の的。

そんな当時のミネコ(高坂峰子)さんの美人画像がこちらです。


出典:関西女子硬式野球チームBLESS


出典:arabiyacoffee


出典:hasesho

写真の感じがとっても時代を感じさせますね。

逆に言えば、そんな時代に女子プロ野球選手だったことがいかにすごいことだったが分かります。

ミネコ(高坂峰子)さんが女子プロ野球選手だったのは昭和25年から2年間ほど。

選手としての成績も良く、美人だったミネコさん。

様々な新聞に取り上げられていた様です。

 

ミネコ(高坂峰子)の旦那・息子は?

それでは当時スター選手だったミネコ(高坂峰子)さんにはどの様な家族がいらっしゃるのでしょうか?

調べてみると旦那さんと息子さんと言う家族構成の様です。

ミネコ(高坂峰子)の旦那

ミネコ(高坂峰子)さんの旦那さんの名前は高坂光明さんです。

実は光明さんは既に亡くなっていますが、大阪にあるアラビヤコーヒーという喫茶店の経営者でした。

光明さんがアラビヤコーヒーを始めた約70年前(1951年)、まだまだコーヒは贅沢な飲み物だったそうです。

そんな時代背景の中にコーヒーに目をつけたところが光明さんという人を物語っていますね。

光明さんは運動神経が抜群だった様で、スキーやゴルフも大好き!

そしてプロ野球選手も目指すほどでした。

それだけに女子プロ野球選手として活躍するミネコさん(当時は旧姓で加藤峰子さん)に引き寄せられたのだと思います。

ミネコ(高坂峰子)の息子

ミネコ(高坂峰子)さんの息子さんは高坂明郎さん。

アラビヤコーヒーの2代目です。

中学生の頃から親の働く店でアルバイトをして一緒に働いていたというから、この仕事が好きだったんでしょうね。

親が商売をしていると後継問題が出てきますが、明朗さんに関しては迷いなく継がれたとのこと。

こうして親子二代に渡って大阪で親しまれているアラビヤコーヒーは、2019年4月現在でなんと創業68年!

これからも地域の人に親しまれる存在であり続けるんでしょうね。

※アラビヤコーヒーについては後述します。

 

ミネコ(高坂峰子)の経歴は!


出典:朝日新聞(アイキャッチ画像共に

ミネコ(高坂峰子)のプロフィール

それでは簡単にミネコ(高坂峰子)さんのプロフィールから

  • 名前:高坂峰子(こうさかみねこ)※旧姓加藤
  • 生年月日:1933年
  • 出身:大阪府
  • 学歴:高校中退(学校名不明)
  • 所属チーム:大阪ダイヤモンド(現役時代)

ミネコ(高坂峰子)の経歴

ミネコ(高坂峰子)さんが野球を始めるきっかけは中学校時代。

在学中に新設されたソフトボール部に体育の先生から勧誘されます。

もともと球技に向いていたんでしょうね。

たちまちミネコ(高坂峰子)さんは夢中になり、ソフトボールに打ち込んだと言います。

高校に進んでもソフトボールを続けたかったミネコさんは、自ら部を創設。

引き続きソフトボールまっしぐらの生活を送っていました。

そんなある日、運命を大きく変える出来事が!

 

母親から女子プロ野球チームが出来ることを聞いたのです。

そこでミネコ(高坂峰子)さんがとった行動が凄いんです。

すぐに入団テストを受け、なんと合格!

通っていた高校を中退して女子プロ野球選手としての道に進みます。

入団したチームは「大阪ダイヤモンド」。

1950年のことでした。

戦後の混乱期の中、全国で25あった女子プロ野球チームは各地で試合を行い、大勢の人に楽しまれる存在となりました。

しかしチームの活動を支える資金が無くなってしまい、ミネコ(高坂峰子)さんの「大阪ダイヤモンド」としての選手生活も終わりを迎えます。

わずか2年ほどの短い期間でした。

 

その後大阪の心斎橋そごうのデパートガール兼選手となったミネコ(高坂峰子)さん、アラビヤコーヒーのオーナーだった旦那さんと出会って結婚。

どうやら光明さんがミネコさん会いたさに、そごうに通っていた様ですよ。笑

その後は一緒にアラビヤコーヒーを切り盛りしてきました。

 

アラビヤコーヒー

http://arabiyacoffee.com/index.html

道頓堀にほど近い立地のアラビヤコーヒーは、懐かしい雰囲気の漂う喫茶店。

店頭には看板が割りの白い焙煎マシーンが置いてあります。


出典:ニコニコニュース

色々あるメニューの中でも人気があるのがフレンチトースト!

厚焼き卵の様な見た目ですが食感はフワフワ。

メープルシロップをかけて頂きます。。。

 

大阪シルバーシスターズ


出典:relnet

2005年にミネコ(高坂峰子)さんが結成した野球チーム。

この当時のメンバーの平均年齢は70歳!

アラビヤコーヒーにある日訪れた読売新聞の泉記者。

ミネコさんから女子プロ野球選手だった過去を聞き、後日ミネコさんのことを新聞のコラムに。

これがきっかけで当時の女子プロ野球仲間と再会を果たせたのです。

今なら携帯やメールなどで簡単に人と繋がれますが、昔はなかったですもんね。。。

それにしても1933年生まれのミネコ(高坂峰子)さんが2005年に結成ということは、その時点で72歳?

その年齢で野球チームを結成して活動開始とは、激レアさん登場にふさわしいですね。

 

ミネコ(高坂峰子)さんが女子プロ野球選手だったことは徐々に人に知られるところとなり、これまでもテレビなどに出演されています。


出典:関西女子硬式野球チームBLESS

これからも体力の続く限り、好きな野球をめいいっぱい楽しんで頂きたいですね。

本当にとっても素敵な生き方だと思います。

 

まとめ

というわけで今回はミネコ(高坂峰子)若い頃の美人画像に驚愕!旦那・息子や経歴も!と題してお届けしてきました。

女子プロ野球選手第一号だったミネコ(高坂峰子)さんの美人画像はいかがだったでしょうか?

娯楽の少なかった当時、ミネコさんの人気ぶりは想像をはるかに上回るものだったと思います。

そしてミネコ(高坂峰子)さんの経歴は「激レアさんを連れてきた。」にふさわしいものでしたね。

とっても素敵な方で、大きな力をもらった気がします。

それでは最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。