映画「二ノ国」が公開開始となりましたね。

この映画は山﨑賢人さんや新田真剣佑さん、永野芽郁さんなど豪華な声優陣でも注目されています。

この映画「二ノ国」では、ゲーム「二ノ国」の設定を基にしながら映画用に書かれたオリジナルストーリーが原作(小説映画二ノ国)となっています。

 

映画を観てみて小説映画二ノ国が気になった方、先に読んでから映画館に足を運びたい方がいると思いますが、どうせなら少しでも安く読めたらいいですよね。

 

というわけで今回は
小説映画二ノ国の最安値のサイトは?電子書籍が半額以下で読める!?
と題してお届けしていきます。

スポンサーリンク

小説映画二ノ国の最安値のサイトは?電子書籍が半額以下で読める!?

それでは小説映画二ノ国を最安値で読めるサイトはどこでしょうか?

最安値.comで「日本への警告」を検索したところ、以下の結果となりました。

出典:最安値.com

これによると小説映画二ノ国の最安値は、楽天の電子書籍648円でした。(8月25日現在)

 

でも、これ以上に安くてお得なサイトが2つあるんです。

それが電子書籍サイトのebookjapanと動画配信サイトのU-NEXTです。

この2つのサイトの特徴は順にご説明しますね。

 

オススメ電子書籍サイト:ebookjapan



ebookjapanは日本最大級の電子書籍サイト。

月額費用無料の会員制です。

Yahoo! JAPANグループの為、Yahoo IDを持っていれば登録が簡単です。

 

ebookjapanがオススメなのは、初回登録時に50%OFFクーポン(最大値引き額500円)がもらえるところ!

ebookjapanのサイトによれば「小説映画二ノ国」は税込648円。

これが50%OFFとなると、なんとこの最新刊が324円で読めてしまいます!

 

新刊で半額はすごいお得ですよね!

「小説映画二ノ国」を半額で読んでみる

それではebookjapanの特徴を見てみましょう。

ebookjapanは50万冊の本を配信する電子書籍の販売サイトです。

特に漫画は21万冊も扱っており、9000作品が無料で読み放題です!

例えばこの夏上映中の映画関連では「東京喰種トーキョーグール(1)(2)」。

 

無料マンガ作品はその時で変わるみたいですが、作品数が9,000もあるのできっと興味のあるマンガが見つかりますね。

マンガ無料立ち読みをしてみる?

 

前述した様にebookjapanは会員制ですが月額費用は無料。

とりあえず会員登録をしておき、気になる本があればクーポンを使って購入するのがオススメです。

 

オススメ電子書籍サイト:U-NEXT

電子書籍

U-NEXTは動画配信サービスに加えて、電子書籍のサービスも提供しています。

このU-NEXTは月額1990円(税別)の有料会員制ですが、初回登録時には31日間のトライアル期間があります。

その際に600円分のポイントがプレゼントされます。

 

したがって「小説映画二ノ国」がなんと600円引き!

小説映画二ノ国を600円引きで読んでみる

 

648円が600円引きでなんと48円!

半額以下というか、10分の1以下の最安値となりました。

新刊でこの安さは普通考えられないですよね。

 

しかも

  • 無料トライアル期間の31日間は70誌以上の雑誌が読み放題!
  • 13万本以上の映画・ドラマなどの動画コンテンツも見放題!

となっています。

 

無料トライアル期間内の解約さえ気を付ければ、雑誌や動画を思う存分楽しめます。

この無料トライアルは試す価値がありますよ!

31日間の無料トライアルを試してみる

U-NEXT

 

まとめ

というわけで今回は
小説映画二ノ国の最安値のサイトは?電子書籍が半額以下で読める!?
と題してお届けしてきました。

半額・最安値で読める2つのオススメサイトとして、ebookjapanとU-NEXTをご紹介しました。

ebookjapanの特徴は

  • 初回登録時に50%OFFクーポン(最大500円引き)がもらえる
  • 月額費用が無料
  • 無料マンガ(9000作品)がある

でした。

無料会員登録をして「小説映画二ノ国」を半額で読んでみる

U-NEXTの特徴は

  • 初回登録時に31日間の無料トライアル期間がある
  • 最新刊にも使える600円分のポイントがもらえる
  • 13万本以上の動画が見放題
  • 70誌以上の雑誌が読み放題

でした。

31日間の無料トライアルで「小説映画二ノ国」を600円引きで読んでみる。

 

初回登録はebookjapan・U-NEXT共に大きなメリットがありますので、ぜひ両方試してみてはいかがでしょうか。

それでは最後までご覧頂き、どうもありがとうございました。